プロフィール
ゴールドコースト日記
ゴールドコースト日記
◎投稿者紹介◎
ミッキー桜:ゴールドコーストに住んで20年。旅行業界のOLとして現地で働き結婚し、現在2児の母となるミッキー桜が、ゴールドコーストについて語ります。
まみ:ゴールドコーストの楽しい情報をアップしていきます!

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ人気ブログランキングへ

2011年09月28日

UGGブーツ

9月も下旬、日本とオーストラリアの季節がまた、交代する時期ですね。

急激に気温があがったゴールドコースト。夏は間近。

対し、急激に気温が下がってきている日本、すっかり秋模様。。。。。


この時期、人気なのはUGGブーツ。
ま、一年中人気ではあるのですが、やっぱり日本の冬は防寒の意味でもこのブーツが手放せないというところでしょう。


さてこのUGGブーツ。


ご存知かとは思いますが、UGGというのは、ブランド名ではなくシープスキンで出来たブーツの総称。
従って、UGGブーツには、多くのメーカーが存在します。


UGGブーツというのは、昔、羊の毛狩りをしていた人たちが作って履いていたブーツ。現在ではそれがファッション化した訳ですが、もともと、英語のUGLY(ぶさいくな、というような意味)BOOTS=不格好なブーツなんて呼ばれていたのが語源だとか。従って、羊の毛皮で出来たブーツの総称をUGGブーツと呼ぶのです。


さて、その人気ブランドとして、UGG AUSTRALIAという会社があるのですが、これは、もともとオーストラリア人が立ち上げた会社で現在はアメリカの会社になっているブランド。セレブ的なブランドとなり人気ですが、もちろん、他にもUGGブーツの会社はたくさん存在します。


ここ、オーストラリアが発祥ですから、このオーストラリアなら、聞いたことないかな?なんていうブランドでも。実は非常にクオリティの高いものがあります。そして値段も安価。クオリティに対し、価格が低めというブランドが存在する、という訳ですね。


最近では、UGGブーツも、中国産が増えているようですね。

オーストラリアの毛狩りの人たちが履いていたブーツ。。。。というルーツであるのに、何となく残念な感じだけど仕方ないのかな。。。


しかし、もちろん、探せば、ここ、オーストラリアでしっかり作っているUGGブーツもありますよ!


ここ、ゴールドコーストで言えば、UGG australian made since 1974 というブランド。


このお店は、現在のオーナーさんのお父様、いや、おじいさまかな?とにかく前代の方が所謂羊の毛狩りをする農夫。
その代から引き継がれ、現在はたくさんのUGGブーツを製造、販売しています。


ゴールドコースト内に工場を持ち、ミシンで丁寧に手作りされる本物のオーストラリアメイドのUGGブーツ。
もちろん毛皮も上質なものが選ばれています。


上質の皮なら伸びるって言いませんか?

靴ってつい、若干大きめを買いたくなりますが、UGGブーツってぴったりサイズか若干小さめが良いなんて、このお店で言われたことがあります。ずばり理由は、履いていれば少し伸びるから。

これを聞いたとき、なるほど〜、きっと柔らかい上質の毛皮を使っているんだな〜と思ってしまった私でした。

お店はサーファーズパラダイスには現在2店舗。お店が大きく営業時間が長いのはサーファーズパラダイスブールバード沿いのお店。
この看板が目印。



オーダーメイドも出来るんですよ!仕上がりは通常おおよそ24時間。つまり、オーダーして次の日に引き取り可能。週末がかかる場合や祝日等、もっと長くかかってしまうこともあると思われますが、ゴールドコーストの数日ご滞在される方なら、なるべく早めにお店で注文すれば、ご滞在中に引き取り可能ですね!

ここ、ゴールドコーストで、こうして、本物の手作りのUGGブーツのブランドがあることに、私もとってもうれしく思います♪


ミッキー 桜
  


Posted by ゴールドコースト日記 at 21:53Comments(4)ショッピング